ノマドワーカーとは?人生を幸福にする働き方

こんにちは!ブランドキャリア編集部のゆってぃーです!

上司とそりが合わなくて、働きにくい!
いまの仕事がこれからもずっと続くと思うと憂鬱・・。
会社に努めていると、このように感じることがありませんか?社会人として会社で働いているとこのような不満が募っていきます。

実は日本は経済大国でありながら、世界的に見て幸福度が低いんです。その原因は「選択の自由」がないことにあります。特に仕事に関しては選択の不自由さが顕著に現れます。

そこで、この記事では幸福を感じる働き方「ノマドワーク」についてご紹介します。
いまの働き方に不満を感じている方はぜひ参考にしてください。

ノマドワーカーとは?


最近よく聞く「ノマド」ですが、実際どういう意味なのか知らない方も多いですよね。

「ノマド」はフランス語で遊牧民という意味を持ちます。遊牧民は1箇所に定住せずに、移動しながら生活をしていますよね。

つまり、ノマドワーカーとは1つの場所にとらわれずに好きな場所で働く人々のことを指します。日本ではまだまだ一般的な働き方ではありませんが、最近ではカフェやコワーキングスペースなどで仕事をしている方も増えてきましたよね。毎日、満員電車に揺られながら出勤・退社をしている方にとっては憧れる働き方ですよね。

しかし、実際にノマドワーカーとして働くことでどんな現実が待っているのか気になるはずです。そこでノマド-ワーカーのメリット・デメリットをご紹介します。

ノマドワークのデメリット


いきなりデメリットから!?と思われるかもしれませんが、ノマドワーカーを目指す上では、まずデメリットを知っておいたほうがいいでしょう。ノマドワーカーにはいくつかのデメリットがあります。

収入が不安定

ノマドワーカーの多くはフリーランスのような働き方をしています。そのため、案件を自分で受注して、働いた分の収入を得ることになります。

サラリーマンであれば、ある程度収入が予想出来ますが、固定給ではないので毎月の収入にバラつきが出ることが多いです。また、カフェやコワーキングスペースで毎日働くとなると、場所代だけでもかなりの出費になります。

社会的信用度が低い

ノマドワーカーは収入が安定しないため、社会的信用度がまだまだ低いといえます。社会的信用度が低いと、車や家のような高額のローンを組むことが難しいです。

また、クレジットカードのような安定した収入を求められるものの審査が通りにくく、場合によっては賃貸マンションなどの契約を断られてしまうことも・・。

対策としては、こういったローンは一度組んでしまえば、支払いが滞らない限り問題になることはないので、ノマドワーカーになる前にローンやクレジットカードなどの準備をしておきましょう。

自己管理能力が必要

ノマドワーカーのように自分で働く量や時間を決める仕事の場合、高い自己管理能力が必要になります。

あまりにも趣味に時間を割いてしまっては、収入が減ってしまいますし、自分で処理できない量の仕事を受注してしまうとサラリーマン以上に忙しくなってしまうことも・・。

また、ノマドワーカーが受注する仕事の多くは納期が定められています。そのため、納期に間に合わないと信用を失ってしまい、今後、同じ場所から仕事を受注できなくなってしまうケースも見受けられます。自己管理能力に自信がない方はあまりノマドワーカーとしての働き方は向いていないでしょう。

ノマドワークのメリット


「なんだかノマドワーカーって微妙かも・・。」と思った方も多いですよね。

安心してください!ノマドワーカーにはデメリットを上回るメリットがたくさんあります。

場所や時間にとらわれない働き方

ノマドワーカー最大のメリットは場所や時間にとらわれないということです。最近良く見かけるおしゃれなカフェで働いたり、自宅で集中して作業したり、パソコン1つあればどこでも作業することが出来ます。

また、ノマドワーカーの多くは案件ごとに仕事を受注するため、就業時間など決められた時間が定められていません。そのため、自分の好きなタイミングで働くことができます。

午前中はのんびりして、昼ごろから本格的に働くなどサラリーマンでは考えられないような悠々自適な生活を出来ることがノマドワーカー最大の魅力ですね。

煩わしい人間関係からの解放

企業に勤めていると、どうしても馬の合わない人とも作業しなければならない時がありますよね。しかし、ノマドワーカーの場合は案件ごとに仕事を受け持っているため、人間関係を気にする必要がありません。

この人とはやっていけないと感じたら、その案件以後、仕事を受けなければいいですし、逆に気があう人といい関係を築きながら、楽しく仕事を続けることも出来ます。
人間関係で不要なストレスを抱える必要がないのは非常に魅力的ですね。

夢の海外移住生活も出来る

ノマドワーカーは最初に紹介したとおり、場所や時間にとらわれることがありません。期限さえ守ることができれば、海外に移住しながら仕事を続けることも可能です。

僕の周りでも、バリ島や台湾などで悠々自適に暮らしながらノマドワークを続けている方が居ます。ノマドワーカーとして実績を積めば、金銭面に困ることなく海外生活を楽しめますよ。

ノマドワークで人生を豊かにしよう!

好きなことを優先する働き方

社会人の多くは、空いた時間を休息にあてたり、趣味に没頭したり、限られた時間をやりくりしなければなりません。

しかし、ノマドワーカーの多くは好きなことを優先した生き方をしています。というのも、ノマドワーカーは成果さえ出せば、評価してもらえるのです。

そのため、実力さえあれば、労働時間が短くても十分な収入を得ることが出来ます。いま、仕事が忙しくてやりたいことが全然出来ないと感じている方は、働き方しだいで状況を改善することが出来ることを意識してみましょう。

働き方で人生の幸福度は変化する

企業に属していると、仕事に対する決定権は会社にありますよね。そのため、自分では間違っていると感じることでも従わなければなりません。納得いかないまま、働いているとそれだけでも少しづつストレスが溜まっていきます。

すると、働いていることが楽しくなくなり、あなたの負担に変わっていきます。しかし、ノマドワーカーはそういったしがらみに縛られることはありません。

余計なストレスを感じることなく、働くことで人生の充実度や幸福に感じる割合が大きく異なることをご存知ですか? いま、働くことに苦痛を感じているならば、働き方を変える選択も1つの方法ですよ。

人生を幸福にするノマドワーカーになるには?

アメリカなど、海外の先進国では企業に属していながら、リモートで働くことが一般的になっています。

しかし、日本ではまだまだリモートワークは世間的に浸透していません。そのため、ノマドワーカーとして働くための最短の道のりはフリーランスとして働くことです。

ノマドの次はフリーランス??よく分からない単語ばかり!
このように感じた方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

フリーランスとは?なる前に知っておくべき知識とおすすめの仕事紹介

2018年12月14日

まとめ

いかがでしたか?

いま幸せな暮らしが出来ていないと感じているならば、働き方を変えてみることをオススメします。特に、昨今ノマドワーカーが注目を浴びています。働き方が変わるだけでも人生の充実度は大きく変わります。

この記事であなたの人生を少しでも豊かにすることができれば嬉しいです。